伝説の風水師監修の金運ブレス


風水界の実力者、黒門監修の金運ブレスレット「幸せの黄金ブレスレット」は金運を中心に全体運を上げてくれるという欲張りなブレスレットです。

「幸せの黄金ブレスレット」は伝説の風水師黒門氏が多くの人に幸せになってほしいと願いつくり上げたブレスレット。

素材・形・色彩・意匠に至るまで黒門風水の粋を集めて完成したものといいます。

黒門風水では〔1・6・8〕が幸運を招き入れるラッキーナンバーとしていて、ラッキーナンバー〔1・6・8〕がブレスレットの石に刻印されています。

ラッキーナンバー〔1・6・8〕って?


そもそも黒門風水でいうラッキーナンバー〔1・6・8〕とは?

北が休門、北西が開門、北東が生門となり、この三つが大吉の方位=三吉門となるのです。

この八門を九星の後天定位を照らし合わせた場合、休門は一白水星、開門は六白金星、生門は八白土星となります。

黒門風水は大吉門と九星の相関を分かりやすくする為に〔1・6・8〕をラッキーナンバーとしたのです。

他にも財運のラッキーマーク山天大蓄(さんてんたいちく)が八角の水晶板に施されていたり、黄水晶の間に赤瑪瑙を結び付けたりと黒門風水的なこだわりが随所に見受けられます。

土の気を表す黄水晶に火の気を表す赤瑪瑙を結び付けることで金運を生む土の気のレベルを飛躍的に上げて、その土の気から生み出される金の気も上がるそう。

「幸せの黄金ブレスレット」には黒門の監修の証として監修証明書がついてきます。

有名風水師の名を借りたイカサマアイテムではなく、きちんと黒門氏のお墨付きを得ているので安心感がありますね。

男女問わず使えるブレスレット

「幸せの黄金ブレスレット」は黄水晶をベースにクリアな水晶とオニキス、ワンポイントに赤瑪瑙が配される落ち着いたデザインなので、普段使いにちょうどいい開運ブレスレットです。

開運ブレスは石の色や配置によっては普段使いにちょっと気が引けるものもたまにありますが、幸せの黄金ブレスレットなら男女問わず普段のシーンで使えるでしょう。

金運はもちろん、ちょっと運気が落ちていると思う人にもオススメできるブレスです。

黒門風水ではビジネス運・恋愛運・健康運などの運気を上げたければ、まず金運を上げることが先決だといいます。

金運が上がればその他の運気も必ず上昇へ転じるのだそうです。

有名風水師のお墨付きで金運のみならず全体運があげられるなら、これはぜひ手にしたいですね。

サイズも腕まわり18.8cmのMサイズ、20.5cmのLサイズの二つがあるので、男女ペアで使えそうです。

黒門風水のお墨付き金運・全体運ブレスレット、気になった方はぜひこちらをご覧ください⇒幸せの黄金ブレスレット