ちょっと変わったお財布用お守り


「お札の元」はお財布専用の金運守りです。開運財布に入れると効果的!とあります。

お札の元は1万円札サイズの紙の束。紙は全部で100枚あり、一番上に自分の1万円札(新札がポイント)をのせます。財布を使い始める前に1万円札をのせたお札の元を財布の中に入れて数日寝かせておきます。

風水では、新しいお財布を使う際、大金を入れて9日間お財布を寝かせるという説もあります。とにかくお札の中にたくさんのお札が入っていることをイメージできるといいそうです。

お財布をおろした後も、しばらくはお札の元を入れた状態でお財布を使います。

お財布用のお守りは、ふくろうや亀などのチャームや護符などがありますが、お金がたくさん入っているというイメージが持てるという札束風のお守りはちょっとないと思います。

実際にお金持ちになれたら、お札の元ではなくて、本物の100万円の束を入れればいいですものね(笑)

お札の元は二つ折り財布には入らない?


100万円分の札束を模したお守りなので、ほぼ長財布専用です。二つ折り財布では入れづらい、というか入らないですね。

お札の元は財布屋オリジナルのお守りですが、お札の元を入れるお財布は特に財布屋で購入したものというこだわりはありません。

もちろん財布屋の財布に入れるのが理想でしょうが、ラッキーショップのお財布にお札の元を入れても全く構わないと思います。

お札の元をお財布の中に入れておいて、たくさんお金が入っているイメージが確立すれば、お札の元を取り出してもいいそうです。イメージがうすらいだら、たまにお札の元をまた入れます。

イメージを強くするために、常に入れておくことのもいいみたいですが、古くなり端がヨレヨレになったのを入れるのはNG。その時は新しいお札の元と交換しましょう。

せっかく開運財布を買ったのなら、さらに縁起を担ぎたい、護符やチャームもいいけれど、しゃれの効いた笑いが生まれる縁起物が欲しいという方にピッタリですね。

お財布にお札の元を入れた様子を他人に見せることもおすすめだそうで、単にまわりに笑顔が増えるのも事実ですが、他人にお金がたくさんあるというのを見せると、自分自身の意識がさらに高まるというわけです。

お札の元愛用者の声


お札の元を愛用されている方の声です。

お札の元は開運効果がとても高いと思います。大切なことはお金を沢山持っているという意識です。愛用していると本当に持っているという錯覚が起きます。そしてお金を大切にできて計画的にお金を使うことができます。
お札の元に一万円札を表と裏に入れたものを、主人のお財布に夜だけ入れて神棚に置いておくことを実践して2週間くらいですが、自営業で赤字続きだったのにどんどんと仕事が決まっていき、毎月80万円くらいの収入が入ってくるようになりました。これは驚きです!

しゃれの効いたお守り「お札の元」。思わずくすっと笑ってしまいますが、金運は笑顔が好きだそうですよ。

気になった方はこちらをご覧ください⇒お札の元